たかがリウマチ、じたばたしない。

2015年初めに不明熱で入院、急性発症型の関節リウマチと診断された中高年男子。リハビリの強度を上げつつドラッグフリー寛解を目指す。そしてゆっくりとリウマチ治療について考えていきたいと思います。

痛み

UNDER CONSTRUCTION(工事中)という動的な心

ξ かつて、大雪山系の紅葉のニュースが流れ旭岳ロープウェーが観光客で混むようになったと聞けば、いくら季節の変化に疎いサラリーマンでも夏の終わりを感じた。 雪の積もる地域では、雪のない時期と積もる時期、夏と冬の二つの季節をめぐって、仕事も生活も…

レディー・ガガと線維筋痛症

ξ 記事を書いてみたいという衝動が訪れ、頭の中で仕上がり、あとはキーボード作業に移していくだけというような時に、突発的にオッというようなニュースに出会うことがある。 きょうは、レディー・ガガが線維筋痛症で演奏活動を休むというニュースがそれだっ…

夏とくしゃみとジャックナイフストレッチ

(写真:四国医誌69巻1,2号 7~16 APRIL25,2013 西良浩一『腰痛治療の最前線』) ξ 就寝時のエアコンの温度設定が難しい。 長い間、就寝時は少し高めにしたりタイマーで切ったりという操作が身体に望ましいと思ってきた。 そしてお腹にタオルケットくらいで…

「記憶」に上書きしていく意味

ξ 職場が変わって、引っ越した町の商店街は、すでに大型スーパーが進出してながく 古くからのヤオ屋、サカナ屋、ニク屋などの生鮮食料品店は、どんどん廃れていったそうだ。 それでもそのスーパーの通り向かいに、まだ小さな鮮魚店が残っていて、時々店主の…

炎症反応なし、でも痛む、どうすれば

ξ 関節リウマチがコントロールされているかどうか、リウマチ医は、ESR、CRP(いずれも炎症の程度)、MMP-3(関節破壊の程度)といった血液検査結果に、もっとも注目して判断するように 患者も血液検査結果をベースに症状を考えていくようになる。 そこで血液…

トラウマ型の痛みに決着をつける

ξ 慢性疼痛と急性疼痛は、メカニズムではなく持続期間によって区分する概念とされている。 つまり疼痛が慢性化したら突然心因性に変わったりしないということである。 急性疼痛のほとんどは侵害受容性疼痛と考えてよいが、慢性疼痛には侵害受容性疼痛、神経…

トリガーポイント療法にすすむ

ξ おととしの桜の季節は、悶々と引き籠っていて、それが訪れ過ぎたことさえ遠い出来事のようだった。 去年は、まだ杖をついたまま桜並木に佇んでいた。桜が散った頃から恐る恐る杖を離した。 いま、まだ褐色の桜並木を、下肢に引きずるような違和感を感じな…

リウマチ性炎症の終りと再生

幼児がソファからジャンプするとき 幼い子供がようやく歩けるようになれば、いずれ居間のソファに登り始める時期が来る。 ソファに登る格好は、ハイハイの延長線上にあり斜めの床をよじ登るような姿勢になる。 観察していてもこの登る姿勢はさほど突飛には見…

秋と脊椎分離症とボルタレン

(afterwords 2/2) ξ 日差しがガラスからリビングを深く射す季節になりました。 これからどのくらい奥まで光が届いていくのでしょう。 夏より部屋が明るくなっていることに気付きます。 夏はカーテンをぴったり閉めて光と熱を遮断し 無味な空調音を鳴らした…

「痛みって孤独が好きだよね」という官能性を超えて

「痛み随伴性サポート」と「社会的サポート」 慢性疼痛の研究の中では二つの種類のサポートの仕方があると言われています。 一つは「痛み随伴性サポート」と言われるものです。 痛んでいる相手に共感して痛みを取り除いてあげようという形で、相手が「痛い痛…

《ひとりで苦しまないための「痛みの哲学」》を読み出す

一枚のグラフから 最近ある雑誌で、把握可能感と反芻傾向というグラフを見ました。 これは 自分の身に起きていることの規則性を把握できるようになるほど(把握可能感の横軸) 取り返しのつかない過去の出来事をくよくよと思い悩む傾向が低くなる(反芻傾向…

セレコックス、アセトアミノフェンを試す

ξ 血液検査ではようやく7月、8月と連続してCRPが0.1未満となりました。 同じくMMP-3は連続して2ケタを維持しました。 以前、花粉症で気管支炎(僕は呼吸器の炎症が多い)まで起こしていた時期の数値を見るとCRPは0.2~0.3ほどでした。 それでも当時の平常…

強い筋トレは「凝り」や「痛み」を増すだけ論

ξ 肩こりや肩の痛みの解消法に関連して、トレーナー亀田圭一氏は次のように述べています*1。 肩こりや肩の痛みでお悩みの方は多いことでしょう。その証拠に、都会ではマッサージや整体、鍼灸の店が次々に開業しています。ところが、そうした施術によって、肩…

再び、指の痛みについて

指の動きの不具合 夏が来て、身体も心も行動半径が拡がると、こうした日常の心象の言葉が、遠くなったり急に湧きあがったり、不意な動きをするようになります。 それは僕の望んだ変化でもあります。 さて、日常生活で頻繁に使用するのは手指、手首なので、リ…

寛解なのに痛むなんてあり得るだろうか(その2)

ξ がんで放射線治療を終えた知人から連絡がありました。 治療の後遺症で関節が痛み、ある健康食品を飲んでみたところ非常に効いたので連絡してみたとのことでした。 半年以上ゴロゴロ引きこもりもう定期収入もないので慎ましく暮らしてきて健康食品にハマる…

寛解なのに痛むなんてあり得るだろうか(その1)

ξ この記事は、5月22日(日)夜に書き始めています。 今夜は満月なのです。よく晴れて南の空にあるのです。 カーテンを開けると部屋の床を低く奥まで照らします。 電灯を消して真っ暗にし、妻とカーテンを開けたり閉めたり、月あかりのかたちをいろいろ試し…

ステロイド、離脱のとき

ξ ようやくステロイド(プレドニゾロン)の離脱について記事を書ける時がきました。 ゴールデンウィークに入り、この1年のリウマチ治療の僕の姿勢を振り返ってみました。 ① 層の厚い標準的な治療を選択する。調べても治療効果のはっきりしない=エビデンスが…

指の痛みを、どうする

ξ 腫れを伴った両方の手指の痛みがあります。 指の先から指の根元まで全部痛むといった感じです。 第2関節がつまむと一番痛そうです。 これは24時間いつでも痛むタイプの痛みです。 動かす時はもちろんジッとしていても痛む時があります。 これも始末の悪い…

痛みのタイプは、いろいろある(その2)

ξ 関節リウマチと診断されて、線維筋痛症とまではいえなくとも、よく似た症状を伴っている場合、その治療はやっかいなことになるのでしょうか。 CRPなどが正常値に入っても、抗リウマチ薬とは別の治療がなされなければ全身の疼痛や不快な症状が改善されずに…

痛みのタイプは、いろいろある(その1)

ξ らびっとクリニック(埼玉県さいたま市)のHPに、日本リウマチ友の会埼玉支部で行われた医療講演要旨がアップされています。 これは、痛みというものに無知であった私にとって、目から鱗というべき記事で、繰り返し読んでいます。 http://www.rabbit-clinic.…

「体温を上げて万病予防」は、間違っているか

ξ 免疫力強化のため体温を上げること、そうすれば病気を予防し、もし病気になったとしても回復が早まるという説がまことしやかに流布しています。 冷え性タイプの人が、しょうが湯などを習慣的に飲みつづけていたりすると、体が温まってリラックスする実感は…