たかがリウマチ、じたばたしない。

2015年に不明熱で入院、急性発症型の関節リウマチと診断された中高年男子。リハビリの強度を上げつつ、ドラッグフリー寛解≒実質完治を目指しています。2019年9月から「身体・心・希望!」をテーマの中心にしています。

熱中症予防のためのフツーの対策

ξ

ワタシの知人が40度を超える熱を出して病院に搬送された。

診断は熱中症であった。

ここ数年の日本列島の熱波は、ヒトゴトのように、灼熱の季節!とか言っていられない、死を招く現在進行形の「災害」である。

さすがに炎天下では用心するだろうから死亡事故は少なく、自宅家屋での死亡のほうが圧倒的に多い。

だから自宅でいかに安全に過ごすか、安全に寝るかが問題になる。

 

f:id:yusakum:20190809180110p:plain

きょうも各地で気温35度超える 熱中症に厳重な警戒を | NHKニュース

 

ξ

自宅で冷却設備(エアコン)を使うことが前提の対策である。

 

①  一日一善ならぬ一日一事とする。明日でよいことを今日、頑張ってやらず「先送り」する。

  エアコンは24時間稼働で構わない。電気代より命が優先。

③  夜のエアコンは、布団をかけて寝られる温度を設定する。体験ではタオルケットのみで汗ばむような温度ではよく寝られない。頭だけ出して寝るくらいの低い温度設定のほうが明らかに寝られる。

④  ソフトタイプの冷凍保冷材をタオルに巻いて枕の上に置く。氷をいれた水枕でもよい。頭を冷やすことは非常に寝つきをよくする。

⑤  空気が乾燥するので使い捨てマスクをして寝る。

⑥  マスクだけでは翌朝、ノドの痛み・違和感がある場合は、加湿器を使う。加湿器は夜寝る前にエアコンの真下くらいに置く。ワタシの場合は、湿度の設定50%でノドの痛みはほとんど無くなる。*1

⑦  サラシノハラマキの気分で、万一、お腹を出したまま寝ても腹や腰を冷やさないよう、腰に巻けるくらいの大きさのタオルで腹巻をする。腹巻はパジャマのゴムで押さえれば十分。

⑧  足先は冷えに敏感だし、寝ていて布団の外に足が出ることはあるから緩い靴下を履く。

⑨  あとはビシッと暮らす。

     余談の余談だが、ワタシは毎朝、コーヒーを淹れて飲む。タシの通う病院では備え付けの血圧計で各自測定し、レシートみたいな小さな印刷紙を持って診察室に入るよう指導されている。不活発な朝なのにいつも血圧は大幅に高かった。そこで当日朝のコーヒーをやめて病院に行くようにしたら、頭はどこかボーっとしているものの血圧は簡単に下がった。その後このようにしているがずっと正常値のままである。

     コーヒーの身体をビシッとさせる効果はすごいものだと思った。暑すぎる朝に、コーヒーや夏野菜のスイカは欠かせない。また、アウトドアは無理でも室内型のストレッチは怠けない。

 

これらの対策がどれほど有効なのか有効でないのか、そのエビデンスはワタシにはわかりませんが、こんな感じで「災害」をやり過ごそうとしています。

いずれ夏は終わる、というのが救いでしょうか。