たかがリウマチ、じたばたしない。

2015年に不明熱で入院、急性発症型の関節リウマチと診断された中高年男子。リハビリの強度を上げつつ、ドラッグフリー寛解≒実質完治を目指しています。

2020.8.9(日曜日)の追記

ξ 検索流入型のブログのせいか3ヵ月近く経っても、極端にアクセスは減らない。 閉鎖しなくとも年単位で時間が経過し内容が古びて賞味期限を過ぎてしまえば終わりだろうが、数カ月ではそうならない。案外これはプレッシャーである。 実際、身の回りがバタバタ…

「痛み」を慰藉する記事について

これは 卒業のこと の続きです。 断片 ⓬ 「痛み」を慰藉する記事について 自身の病気の黒歴史みたいなものを書き続けている人はいる。 それが過去の出来事である以上、必ず記憶は再編集・上書きされ、現在に都合のよい物語(フィクション)を含んでいる。 い…

新型コロナ感染に関する追記 ~ 世界は「アンロックダウン」に向かっている

これは 「私たちは感染しているかもしれない」 と 新型コロナ感染に関する追記 ~ 逆「コロナ疎開」はあり得るか の続きです。 断片 ❾ 終末願望というエンターテインメント 孤独なエンターテインメントは、自分と世界の単純な二分法でできている。 自分=非…

新型コロナ感染に関する追記 ~ 逆「コロナ疎開」はあり得るか

ξ ワタシたちは、強力な社会規範*1のもとで暮らしている以上 心身の解放と抑圧の受容の均衡点の「発見」を絶えず繰り返していく。 そして新たな均衡点を求めて解放の幅を拡げていくことが生きることだ! と次第にわかってくる。 それは他者・環境との関係の…

外出禁止の悲哀、イギリスの6人家族が「レ・ミゼラブル」で絶好調

これは 「私たちは感染しているかもしれない」 の続きです。 https://www.huffingtonpost.jp/entry/big-family-le-miserable-performance_jp_5e86d687c5b6a94918341cf7 ξ 「下書き」にあった断片のアップの締めを、あまりに楽しかった動画に差し替えます。 …

「私たちは感染しているかもしれない」

これは 日本では新型感染症の死亡率が高いという件 の続きです。 断片 ❽ 数週間前、妻が咽喉の痛みが治らないので、近所のクリニックに行った。 市販の風邪薬は試していた。 熱は無く咳も無く息苦しさも無いのでそのまま診察され抗菌薬を数日分処方されて帰…

日本では新型感染症の死亡率が高いという件

これは 続 ・ 町の「診療拒否」のこと の続きです。 断片 ❶ 3月25日夜、東京都知事が深刻なオーバーシュート(爆発的患者急増)懸念を表明して ① 平日についてはできるだけ仕事は自宅で行う(難しいです←ワタシ) ② 夜間の外出は控える(飲み会など一切計…

卒業のこと

ξ 自分を理解したいと力を込めたところで、この数年で悟った、わかった!とはまったく言えないが 心向き(こころむき)といったものは、だいぶまとまってくるようになったかもしれない。 言い換えれば、未知に出会ったときの手触りを確かめていく方向とか角…

続 ・ 町の「診療拒否」のこと

これは 町の「診療拒否」のこと の続きです。 ξ WHOは、「疑われるすべての人の検査」を各国に求め、不足している検査キットの増産を促している。 こうしたなか各国ではドライブスルーによる検体採取が進んでいる。 ドイツ、韓国、イギリス、ベルギー、ア…

町の「診療拒否」のこと

これは 今週末の過ごし方について の続きです。 ξ マスクのために並ぶのがバカバカしくなって、ガーゼ生地やゴムひもを手に入れた妻は、ミシンを出してたくさんのマスクを作り出した。 鼻のところの押さえは、クッキーの袋口を結ぶ形状記憶みたいな紐(名称…

もしも あした「世界」が終わっても

これは 今週末の過ごし方について の続きです。 ξ 人は、母に抱かれた目鼻パッチリの乳幼児のような真っすぐな瞳には二度と戻れない。 誰もが年齢を重ねてしまうと、伏し目がちに、何か取り返しのつかないことをしでかしてしまったような喪失に胸が痛むのを…

今週末の過ごし方について

これは マスクを買うために並んだ話 の続きです。 ξ 「今週末の過ごし方」について、北海道の鈴木知事が先週に続いてごく具体的に呼びかけをしている。 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kth/kak/kinnkyuuzitaisengenn0305.pdf 東京界隈では、政府与党と野…

マスクを買うために並んだ話

これは 世界が新型コロナウイルス感染する日本を見る眼はとてもドライだ の続きです。 ξ 北海道が「緊急事態宣言」と称して、特にこの週末、外出を避けるよう道民に呼びかけた。 しかし、道内のJR、バス、車による移動制限を訴えたわけでもないし 道外から…

世界が新型コロナウイルス感染する日本を見る眼はとてもドライだ

ξ アメリカは、「新型感染者」について、明らかに日本への「封じ込め」を考えていたようだ。*1 ネットの隅っこの陰謀論ではなく、フツーのニュースになっている。 日本側が当初、アメリカ人乗客の早期帰国を提案したのに対し、アメリカ側は「乗客の移動は感…

新型コロナウイルス感染症「相談・受診」の目安への走り書き

これは コロナウイルス感染に関する空気がガラッと変わった の続きです。 ξ 2/17に厚生労働省は、「相談・受診」の目安を発表した。 それは次のようなものである。 国民の皆さまへのメッセージ(抜粋して書換え) 《症状》 ❶風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4…

コロナウイルス感染に関する空気がガラッと変わった

これは 続 ・ 新型コロナウイルス感染が拡大期に入ったので、どうするか ~ ワタシたちが「動揺」しないために の続きです。 日本のコロナウイルス感染に関する空気がガラッと変わった クルーズ船問題がアメリカの動きで、今後、関係56か国全体の空気が動き…

続 ・ 新型コロナウイルス感染が拡大期に入ったので、どうするか ~ ワタシたちが「動揺」しないために

これは 新型コロナウイルス感染が拡大期に入ったので、どうするか の続きです。 ξ まずワタシたち自身が「動揺」することなく、はっきりさせておかなければならないことは 人道的(じんどうてき)とは、突き詰めれば1億人以上もの人が住む国土に「新型(コ…

新型コロナウイルス感染が拡大期に入ったので、どうするか

ξ TVやネットのニュースでは、世界でどのくらい「新型感染」が拡がっているかすぐわからないので、ジョンズ・ホプキンズ大学(アメリカ)の感染地図を見ている。 https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd402994234…

音楽を432Hzに下げて聴いて、感じたこと

ξ きょうは音楽のピッチを下げて聴いてみる体験について、です。 音楽における音合わせの基準音、基準周波数はA=440Hzのはずである。 しかし現実には、音が華やかに、とりわけ高音が輝かしく繊細に聴こえる効果を狙ってなのかどうか、次のように一部…

年末年始二題 ~ ゴーン被告の海外逃亡について、思う  

➊ 札幌エスタについて、思う 大掃除のような年末特有の雑務が終わって、ようやく自分の時間ができ、ごく薄い習俗・規範になってしまった年賀状を書こうかと思うのは暮れの30日、31日になる。 疲れやすいから「一日一事」の生活をしているので大掃除も12月初…

本当は怖い「馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。」

ξ 藤森かよこ著「馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。」(KKベストセラーズ、2019.12)は、356ページにもなる女性のためのハウツー本である。 1953年生まれの著者*1が 青春期(37歳まで) 中年期(65歳まで) 老年…

低用量ステロイドの長期投与は安心してもよいのだろうか

ξ 2018年夏に、再び体調不良になってから、ステロイド(PSL)でCRPやESRの様子を見ていたが*1、順調に低下したとはいえず 2019年になって、両膝痛、両手のこわばりや左手指の腫れ・痛みが顕著になったので、関節リウマチの再燃とされ メトトレキサ…

「命を守る行動」のあれこれ ~ ホームレスを受入拒否する避難所 2/2

これは 「命を守る行動」のあれこれ ~ ホームレスを受入拒否する避難所 1/2 の続きです。 ❷ ホームレスを受入拒否する避難所 ワタシ(たち)がまだ冷や冷やしながらも山を越えたと思っていた13日、台東区が、避難所に来た「ホームレス」を追い返したと…

「命を守る行動」のあれこれ ~ ホームレスを受入拒否する避難所 1/2

➊ 「命を守る行動」のあれこれ 10月12日、土曜日は、少し無理をすれば避難所に行くことはできた。 週末から連休だったし、もしも人が溢れていたら困るなぁ、という呑気な気持ちもあった。 自主避難向けに避難所の一部が開設されていることは市のHPで分…

セブン-イレブンの消費税込み301円問題について思う

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190918/k10012086721000.html ξ セブン-イレブンのレジの計算システムの変更により、消費税込み100円のコーヒーを3つ買うと、300円ではなく301円請求されるという問題がニュースになっていた。 これは確かに購…

青汁をやめたら関節リウマチがよくなったという話

ξ 標題は、一般向け医学書にあった記載である。 葉酸の働きを妨げることにより効果を発揮する抗リウマチ薬メトトレキサート説明の文脈で述べられたものである。 薬剤どうしの相互作用の危険のほうが数多くわかっているようだが、免疫抑制薬と食品との相性の…

ワタシの境遇は<資源>である、という結び。 その2/2

これは ワタシの境遇は<資源>である、という結び。 その1/2 の続きです。 ξ いまだ薬から自由になっていないものの 猛烈に勉強したい、あるいは挑戦をしたい、と思えるステージにはいる。 それは現実に迫られているということもあるし、現実に喰らいついて…

ワタシの境遇は<資源>である、という結び。 その1/2

ξ このブログのような検索流入型の病気ブログ*1の場合は、やはり検索に値するような記事を心掛けたいとは思っていた。 1つは、このくらい調べておけばいいかな、とりあえず充分だな、と自分が納得できる程度によく調べて記事にすること 2つ目は、自分の考え…

日記を捨ててしまうこと、夏の夜の妄想について

ξ 人は楽しみを求めてやってくるのに ワタシの身体も心も社会もエンターテインメントも、それが正攻法でやってきたら ワタシはちょっと斜に構えてみたり料理してみせることができない。 ひと工夫する力量がない。 それができたら立派な表現者だろう。 少しブ…

熱中症予防のためのフツーの対策

ξ ワタシの知人が40度を超える熱を出して病院に搬送された。 診断は熱中症であった。 ここ数年の日本列島の熱波は、ヒトゴトのように、灼熱の季節!とかのんびり言っていられない、死を招く現在進行形の「災害」である。 さすがに炎天下では用心するだろうか…