たかがリウマチ、じたばたしない。

2015年初めに不明熱で入院、急性発症型の関節リウマチと診断された中高年男子。リハビリの強度を上げつつ、ドラッグフリー寛解≒実質完治!を目指しています。

再発について

心を膨らませ続けて破裂しそうなることはない &「大恋愛~僕を忘れる君と」

ξ ひととおりの自己抗体の検査などで、たいした異常がないとすると自己免疫疾患とは限らない。 また、3ヵ月もCRPが正常値に入らないとすれば、急性炎症とは考えにくく身体のどこかで慢性的に炎症が起こっていることになる。 ベーチェット病やクローン病のよ…

炎症する身体  その1

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180824/k10011592111000.html 慢性疲労症候群について思う 夫が台所に立ち、妻がごく近いテーブルで伏せっている情景(写真)はショッキングだ。 何か重い疾患や過度の不調を思わせ、その胸騒ぎが決して幸福なシーンには…

ワタシたちのロス率 と 7割のヒトの幸せ  その1/4(それはそれで) 

ξ クソ暑い中ではPCに向かってあれこれ事務仕事をしているだけでも、ぐったり疲労感がある。 頭が疲れるということを実感する。 コピー機の前で立ったりしゃがんだりしていてもため息が出るし、大した労働に感じられる。 炎症反応(CRP)が、ワタシの最近値…

関節リウマチの経過のタイプと再発(再燃)について

https://www.astellas.com/jp/health/healthcare/sp/ra/04.html ξ 関節リウマチ患者にはよく知られている、病状の経時的変化の図は自然経過なのかもしれませんが 無治療という事態を想定していない今どきの患者としては、適切な治療が成されたとしても経時的…