たかがリウマチ、じたばたしない。

2015年初めに不明熱で入院、急性発症型の関節リウマチと診断された中高年男子。リハビリの強度を上げつつ、ドラッグフリー寛解≒実質完治!を目指しています。

時の手ざわり

娘を結婚させる父親の気持ちと決断を思う

ξ 6/25に「パーフェクトワールド」最終話を観た。 コミック版、映画版ともに知らず、ドラマ版はつけっぱなしのTV「チラ見」で時々観ていたが、最終話はまともに観た。 この種のドラマはハッピィエンドに決まっているので、父親(松重豊)が、娘(山本美月)…

「代わりはいくらでもいる」ヒトの反ポップスキルな生き方  その2/2

これは 「代わりはいくらでもいる」ヒトの反ポップスキルな生き方 その1/2 の続きです。 <超>富裕層 対 <非>富裕層の対立について ・・・日本以外の世界各国では、1%の富裕層が99パーセントから収奪してると言って、あちこちでデモが起こったり、あ…

「代わりはいくらでもいる」ヒトの反ポップスキルな生き方  その1/2

病者のアカルさについて 病気ブログというものは不思議な感じがする。 まず記事を書くときに、その気力・体力が残っていなければならない。 急性期に意識朦朧で伏せっていたり、慢性化して精神的に極度に落ち込んでいればどうしようもない。 いくらかは体調…

東京なんかに負けるなよー! その3 《壁を立てる生き方》

これは 東京なんかに負けるなよー! その1 と 東京なんかに負けるなよー! その2 の続きです。 (荷物処分の途中) ξ ワタシの価値判断の基準として、都市部と比較すれば、その殺風景な窮乏ぶりばかりが目立った近郊農村に育ったことが影響していることは…

イベントのエンターテインメント化について

ξ 郊外に引越してよかったのは、数キロに及ぶ桜並木の遊歩道があったことだ。 ハラハラと散る様子もなく、真っ白な満開をしっかり保っている数日間が必ずあって その時に出くわすと、凄すぎる!と言ってみたくなるほど美しい。 桜の時季には週1回ずつ2回、…

『翔んで埼玉』主題歌が、春の選抜高校野球の応援歌に

公式サイトから ξ 知人から面白いと言われて、しばらく前、魔夜峰央(まやみねお)原作の漫画『翔んで埼玉』の実写版を観てきた。 そして、これが使われたりしたら面白いよね、でもまさかね、と思っていたら 本当に、春日部共栄高校が、3/23からの春の選抜高…

続 ・ 夫婦のきずなと命について  

これは 夫婦のきずなと命について の続きです。 ξ DV加害者やその被害者は、夫婦(または成人男女の持続的関係)では、扶養扶助する者、扶養扶助される者が分離される関係にあることも、そのことを無条件に受容する関係にあることも経験していない可能性があ…

「ハート・プラス」マークを淡々と使う 《追論》

これは 「ハート・プラス」マークを淡々と使う その1/2 と 「ハート・プラス」マークを淡々と使う その2/2 の続きです。 ξ 妻がいちばん美しかったのは、子どもを身ごもり 自宅から車でそう遠くない 北国のなだらかな丘陵の タンポポが咲き乱れる季節の …

夫婦のきずなと命について  

ξ 新聞記事だったのか何かの本にあったのか忘れたが 死期が近くなった夫が 「生まれ変わったらまた君と出会いたい」 と語ったところ 妻は、ゾッとして実に嫌な気分になったという趣旨の文章が記憶に残っている。 よくわかる気がする。 哺乳類の子供は好奇心…

続々・「男はつらいよ」の遥かあと、別れの空虚について小論

これは 続・「男はつらいよ」の遥かあと、別れの空虚について小論 の続きです。 ξ 戦後復興、高度成長の途上 低収入・長時間労働や生まれの違いによる強固な身分差のなかで損なわれた私(し)のココロは 仁義やなにわ節やアウトローに擬した情緒的解放の時代…

続・「男はつらいよ」の遥かあと、別れの空虚について小論

これは 「男はつらいよ」の遥かあと、別れの空虚について小論 の続きです。 ξ もし抱えている日常が、過労や過度のストレスの原因とならないのであれば、いくらか嫌な業務であっても、規則正しい毎日をもたらすものとして受け容れたほうがいいと思う。 朝、…

「男はつらいよ」の遥かあと、別れの空虚について小論

ξ 映画「男はつらいよ」が1969年に第1作が公開されてから来年で50年、そこで「50周年プロジェクト」なるものが実施されている。 渥美清の過去映像を用いながら50作目も製作されるそうだ。 また最近、BS民放で再放送(たぶん全49作、1969~1997)され始めて…

心を膨らませ続けて破裂しそうなることはない &「大恋愛~僕を忘れる君と」

ξ ひととおりの自己抗体の検査などで、たいした異常がないとすると自己免疫疾患とは限らない。 また、3ヵ月もCRPが正常値に入らないとすれば、急性炎症とは考えにくく身体のどこかで慢性的に炎症が起こっていることになる。 ベーチェット病やクローン病のよ…

ワタシたちのロス率 と 7割のヒトの幸せ  その4/4

これは ワタシたちのロス率 と 7割のヒトの幸せ その3/4 の続きです。 ξ 株価チャートでも見るようにGoogle Search Consoleのクリック数の推移から その28日、14日の移動平均を計算し眺めてみると相変わらず*1上昇しており、短い7日移動平均でも多少デコ…

アクセス急増に、初めてGoogle Search Consoleを試してみる

ξ この8月、3万を超えるアクセスをいただいています。 1万超えのお知らせがはてなからあった頃から、アララ!と思い、ワタシのような低位安定型ブログでも「アクセス解析」をよく眺めるようになりました。 はてなで見るアクセス元はGoogle検索がトップで50%…

『劇場版コード・ブルー』への走り書き

ξ 『劇場版コード・ブルー』を観てきた。 混雑を避けようと、わざわざ平日を選んだのに、大きな見込み違い、夏休みでチケット売り場は長蛇の列だった。 ほぼ満席で、(見守り隊の)妻とは離ればなれになる席しかなかったので、次の上映回にずらした。 事前に…

偏差値105とは、どんな世界か 

標準正規分布がもつ確率密度関数(Wikipediaから) ξ 僕の好みに過ぎないが、現在、新聞を購読していない。暇な週末にコンビニで買うことはある。テレビのニュースもほとんど見ていない。 気になるニュースがあれば、ネット・ニュース検索のほうがはるかに速…

「ハート・プラス」マークを淡々と使う  その2/2

これは 「ハート・プラス」マークを淡々と使う その1/2 の続きです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180320/k10011372351000.htmlから ξ 卑弥呼のような神官が支配していた古代は、病気や怪我や障害は祖先の因果応報(それは神による罰)などと考え…

「ハート・プラス」マークを淡々と使う  その1/2

ξ 電車に乗ってた。 優先席にヤンキー風な人が座ってた。 杖をついたお年寄りの方が入ってきた。 スーツの人がヤンキー風な人に注意をした。 ヤンキー風な人は渋々席を譲った。 お年寄りはスーツの人にお礼を言った。 ・・・・・ ヤンキー風の人は電車をおり…

カーリング女子 「そだねー」と「そうだね」

スポニチアネックスから ξ ピョンチャン・オリンピックが終わった。 韓国とは時差がないので、テレビを見ることができる夜に予定されている競技はライブで観ることができた。 結果が分かっている競技の録画はたいして面白くない。 このため、圧倒的にスピー…

「教育」から、逃がせ子供を!

NHK NEWS WEBから ξ かつて、子ども(男子)が幼稚園に入って、しばらくシュンとして帰る日が続いた。 人生最初の他者(=親)と築いた人間関係では、王様のように君臨して過ごせたのに新しい小共同体では通じなかった。 子どもは、新たな小共同体で「先生」…

大人になること、子どもでなくなること  その4/4

これは 大人になること、子どもでなくなること その3/4 の続きです。 5.「大人になること」への慰藉について 90年代に誕生し、高校やら大学に進学でき何とか就活や就職までこぎつけられた若者は幸運だ。 バブル崩壊以降、リストラが日常化し、勝ち組、負…

大人になること、子どもでなくなること  その3/4

これは 大人になること、子どもでなくなること その2/4 の続きです。 4.「なにものか」でなくてもよい場所 大阪で「なるにわ」という活動をしているNPO法人がある。 その活動の趣意は次のようである。 www.foro.jp いまの世の中、なんだか、みんなが値踏…

大人になること、子どもでなくなること  その2/4

これは 大人になること、子どもでなくなること その1/4 の続きです。 3.マイノリティのなかで「子どもでなくなること」と 希望 今のところ、「大人」・「子ども」・「マジョリティ」・「マイノリティ」・「成長」などの言葉について、僕はその定義をはっ…

大人になること、子どもでなくなること  その1/4

『リベンジgirl』公式サイトから 1.『リベンジgirl』のあとに 今年の下期は、週末の雨模様ばかりでなく、体調不良や再び杖に頼るような足の痛みが続いて 絶好のシーズンにゴルフから遠ざかってしまった。 もう走ることまで望まないが、ワイワイとやる運動…

「Tシャツ売り上げ 最大になる価格は」《箸休めです》

ξ 昼食のため時々行く中華屋にはいくつか新聞が置いてある。 いつもの置き場所に残っていればたいてい手に取り、注文した定食が届くまで眺めている。 12月5日付朝日新聞(写真)の1面は、「脱・暗記 考える大学入試」との見出しで、2021年開始の共通テスト…

東京なんかに負けるなよー! その2

これは 東京なんかに負けるなよー! その1 の続きです。 ξ 東京から離れた「北の都」として、辛うじて残っていた温和なおっとりとした雰囲気は、いまや札幌駅周辺には全くみられない。 東京と変わらないスキのなさ、時間の刻み方だ。 札幌は、東京に圧倒的…

東京なんかに負けるなよー! その1

ξ 僕は、この新聞記事をずっと考え続けている。 しかし、まだしっくりとこない。 熊谷: ・・・誰もが「これほど有能で社会に有益である」という理想の自分と、現実の自分にはギャップを抱えている。 そのギャップを生きるには、3パターンしかありません。 …

時代の粗雑さに負けない その2

これは 時代の粗雑さに負けない その1 の続きです。 ξ 北朝鮮からミサイルが続けて日本上空に飛ばされるようになった。このため、学童が「防空頭巾」を被りながら避難訓練をしている姿もニュースになった。 また、衆議院の臨時国会中の解散がはっきりしてき…

時代の粗雑さに負けない その1

ξ 「がんと闘うな」で有名な近藤誠医師の食事への姿勢は、別に変ったものではなく真っ当な主張*1に思え、療養中の身にとって参考になった。 しかし、その本(脚注書)には釈然としない部分もあった。当時の違和を振り返れば、次のようなものである。 作家の…