読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかがリウマチ、じたばたしない。

2015年初めに不明熱で入院、急性発症型の関節リウマチと診断された中高年男子。リハビリの強度を上げつつドラッグフリー寛解を目指す。そしてゆっくりとリウマチ治療について考えていきたいと思います。

「客寄せ」する民間療法や健康食品にのらない

ξ 書籍やネット情報、うわさだけで、その医療機関に飛びつくのは危険だと思います。 実際に医師に会って会話して、その医師に治療を委ねるどうか決断をすべきです。 関節リウマチは、鑑別すべき疾患が非常に多いので検査も煩雑で、再びゼロから診察が必要と…

「食事」と「睡眠」に、思いっきり気をつかう

ξ 関節リウマチの治療法は、1999年にメトトレキサートが、2003年に最初の生物学的製剤が日本で承認され、薬物療法が一新されたといいます。 担当医は迷うことなくメトトレキサートを勧め増量していきました。 僕は朝、夕、2日間、合計4回に分けて服用するよ…

自分を責めずに無意識にまかせる

ξ 関節リウマチと診断されて1年を超えましたが、治療方法について書籍を購入したり、無理をして医療講演会に出かけたり、もちろんネット上で調べたり検討を続けました。 リウマチ初心者を一番苦しめるのは、病気になった原因は何だろうとあれこれ思い悩むと…

今を楽しめ、と言われて

ξ 『間違いだらけのリウマチ治療』(土田豊美著)の冒頭に次のような一節があります。 医療機関で「関節リウマチ」と診断されて、多くの方は絶望的になると思います。 関節リウマチは完治不能の病気で、長年にわたって効果的な治療法がないといわれてきまし…

お粥が素晴らしい

ξ 初めまして。 高熱が出たり全身痛がひどかったりしたので、僕のプレドニゾロンの量は関節リウマチにしては多くスタートしました。 そのせいか唾液がひっきりなしに出て飲み込むのが大変でした。 横たわって、いくらか治まる感じでした。 体調は非常に悪い…